top of page

 

保存刀装具

縦×横×厚さ:8cm×7.5cm×0.5cm

 

(銘)貞之作 河骨図鐔でございます。

貞之は江戸後期から明治にかけて加賀金沢に居た刀鍛冶であり、その後明治以降は西洋の外科器具を製作していた金工であります。(金工大鑑より)

 

作品は黒々とした地金の良い鐔で弧を描くように河骨が鋤彫で施されています。河骨の実の部分は象嵌で色がついており刀匠らしく武骨ながらも、凝った作風となっています。

 

Width×Width×Thickness:8cm×7.5cm×0.5cm

Certificate: Hozon

Inscribed name: Sadayuki(Lived in Kanazawa)

Work:Tsuba desighing with Japanese spatterdock

 

 

(銘)貞之作 河骨図鐔

¥98,000価格
    bottom of page