(銘)(枝菊紋)近江守源久道 嫡子源金四郎 貞享三年八月吉日 白鞘脇指

(銘)(枝菊紋)近江守源久道 嫡子源金四郎 貞享三年八月吉日 白鞘脇指

¥850,000価格

(長さ)一尺九寸九分

(元幅)2.9cm

 

 

初代近江守久道と二代久道の合作の脇指でございます。

三品帽子であり地鉄は小板目がこと細かく詰んでいます。

刃文は沸の厚い互の目乱れであり、映りも見える作品です。

 

 

初代近江守久道は山城三品系刀鍛冶であり、寛文元年に近江大掾、近江守と順に任ぜられる。

作風は互の目乱、のたれ等を焼き、地鉄はこまかく詰む。

二代は三品金四郎と称し。初代の養子となり、正徳二年に近江守を受領する。