特別保存刀剣

丹波守吉道 (初代)

(長さ)一尺五寸六分

(反り)0.8cm

(元幅)3.0cm

(先幅)2.3cm

 

丹波守吉道は三品一派の兼道の三男であり、簾丹波と呼ばれる刃文の創始者でもあります。

初代丹波守吉道は銘文の丹の字が"舟"の字のように銘することから、"帆掛け丹波"と言われていいます。

 

作風は鎬造りの脇差で地鉄は柾目がかった板目肌、帽子は小丸に返り、

刃は焼幅が広く砂流しで地景、地沸が細やかに入り、刃中には稲妻もございます。刃文は簾刃が全体的に焼いており面白く、また茎は入山型で鑢目は筋違となっており、初代丹波守吉道の中でも出来の良い作品となっております。

 

Certification:Tokubetsu-Hozon Touken

Swordmaster: Tanba-no kami Yoshimichi(The First)

(Length)47.4cm

(銘)丹波守吉道(京初代) 白鞘脇差

¥1,150,000価格