(銘)菊紋 日置越前守宗弘 桐紋金具拵付刀

(銘)菊紋 日置越前守宗弘 桐紋金具拵付刀

¥2,500,000価格

長さ 二尺四寸五分

元幅    3cm

先幅   2.2cm

 

 

日置越前守宗弘の蒔絵拵付刀でございます。

石堂一派の刀工であり、寛文新刀らしく反りが少なく中鋩で典型的な備前伝の小丁子刃を焼き、映りがあり、また地鉄は小板目肌で所々肌だっております。

また両面に棒樋がございます。

銘文には兄の日置光平と同じく、菊紋がございます。

 

拵は蒔絵に桐の紋様があり、金具は縁頭が波の図、鐔と目貫が桐の図となっております。

 

日置越前守宗弘は江戸石堂派の日置光平の弟として活躍した刀工である。

本国は近江であり、京、そして江戸へと移る。兄と同様寛文期に活躍する。

 

 

NBTHK: Tokubetsu Hozon certification

Sword master: Heki Echizen no kami Munehiro (日置越前守宗弘)

The brother of Heki Mitsuhira in Edo period

With a case decorated Makie with paulownia cres