縦×横 約41cm×59.5cm

共箱

 

川合玉堂の「武蔵富士」、軸装の作品でございます。

川合玉堂は太平洋戦争の戦時拡大を受け、東京都青梅市に疎開し、以後終生拠点を青梅に画家活動をしておりました。

この作品は遠景に大きくそびえ、真っ白い雪を被った富士山、そして手前には広大な桑畑を描く青梅の冬の景色となっております。

川合玉堂 筆 武蔵富士 幅

¥1,000,000価格