縦×横×高さ:12cm×12cm×8cm

 

小山富士夫 作 信楽茶碗でございます。

信楽焼の見どころである灰かぶり、それによってできる自然釉や長石釉等の景色が随所に見られる作品となっております。茶碗の正面に幅の広い自然釉がかかっており、その他の面には火色が明るく出ております。

内部にも火色が良く、また長石釉がかなり出ている肌となっています。

箱には小山富士夫の"古山子"の銘と製作された"昭和四十五年"が書かれております。

 

程よい大きさであり、雄々しいその姿は茶湯のみならず、鑑賞としても楽しめる作品でございます。

 

Potter: Koyama, Fujio

Work: Shigaraki Ware Tea Bowl

小山富士夫 作 信楽茶碗

¥140,000価格