top of page

 

縦×横×高さ:10cm×10cm×6cm

 

富本憲吉 作 染付角箱 共箱

 

富本憲吉作 染付角箱でございます。

形は真四角の正方形、上下に分けられるものであり、上半分表面には一輪の花を描き周りを染付の線で囲んでいて、他の面は白磁となっております。下半分は四方を色の強い染付で描き、そこには「富」の字がございます。

箱書には"千九百三十五年作"と記されており、1935年(昭和10年)に製作された作品であります。この当時は富本憲吉が東京世田谷にて作陶をされており、染付や白磁の作品を中心に製作されていた時期とされています。染付作品において富本憲吉は筆によって描いたものではなく、作品に直接刻線を施し、その後呉須を入れ、作品を削り焼成するという独自の製法を行っており、筆で描くよりも力強い作風となっております。

 

富本憲吉は当初イギリスに留学後バーナードリーチと出会い、彼の仲間であった柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司などと民藝活動を共にすることとなりますが、考え方の違いから後に決別し、独自の創作活動へと進んでいきます。当初は楽焼を始め土焼などの陶器を製作されていましたが、のちに白磁や染付へと磁器作品を製作、のちに九谷焼を手本とし、独自の色絵を用いた色絵磁器の製作へと変化していきました。

 

 

Potter: Kenichi Tomimoto(1886-1963)

Work: Porcelain cube box undergrazing blue and white.

Design: A flower

Width×Width×Height:cm×cm×cm

 

 

富本憲吉 作 染付角箱

¥300,000価格
    bottom of page