top of page

 

特別貴重刀剣 特別貴重小道具

(長さ)二尺二寸

(反り)1.0cm

(目釘穴)2

 

備後尾道住獨醒子正永 慶應四年二月吉日 略太刀拵付刀でございます。

銘文から幕末に現在の広島県尾道において、年紀は慶應四年二月と幕末の争乱の時期に製作されたものでございます。刀剣の造りは鎬造り、庵棟、重ねは尋常、地鉄は小板目肌つみ、地沸良くついており、刃は焼き幅広く、小沸つき、刃文は全体的に互の目出来で所々丁子が入っております。

 

拵は鞘の地が黒塗でその上から桐唐草を描き、目貫、足金物、石突金物などの金具も全て同様の図を成しており一作拵になっています。柄や金具が華やかであり、また鞘は黒を地とすることで落ち着いて、上品な印象としています。

 

 

Sword smith:Masanaga

Place: Onomichi, Bingo clan (Hiroshima prefecture)

Length:67.0cm

Curvuture:1.0cm

Paper:Certificate of Tokubetsu Kichou published from NBTHK

備後尾道住獨醒子正永 慶應四年二月吉日  略太刀拵付刀

¥1,250,000価格
    bottom of page