(長さ)二尺二寸五分

(反り)1.6cm

(元幅)2.9cm

 

保存刀剣

 

 

紀州石堂の橘康広の刀でございます。

 

橘康広は紀州石堂を代表し、備前伝を得意とする江戸中期の刀工である。

紀州石堂一派は後に大坂にて作刀をはじめ、棟梁は土佐将監為康である。

橘康広は二代為康の弟である。

 

 

作風は磨上ながら、菊紋と備中守の字が茎にあることから、橘康広の作品であることが見て取れます。

地金は小板目肌が詰んであります。刃文は石堂の典型である丁子刃が焼き幅広く全体的に焼いてあり、中心あたりは所々鎬筋にかかる箇所もございます。

映りも良く、帽子は小丸に返っている作品でございます。

備中守 (以下切)  「康広」菊紋 唐獅子牡丹金具拵付刀

¥780,000価格